開院まで、それから。

  1. いまもと歯科クリニック
  2. 開院まで、それから。
  3. 歯の豆知識
  4. お口に効く!プロバイオティクス

お口に効く!プロバイオティクス

2022年6月27日

プロバイオティクスとは、腸などの最近のバランスを改善して私たちの体に、よい効果をもたらす生きた細菌のことで、ヨーグルトやキムチ、ぬか漬け、納豆などの発酵食品に含まれます。こうした食品を摂ることによって、私たちはプロバイオティクスの恩恵を受けてきました。善玉菌を摂ると、それが腸の中で働いて体調管理に役立つことが知られています。このプロバイオティクスお口にも効果的なことご存知でしょうか。じつはある種の乳酸菌を摂るとそれが虫歯や歯周病の予防に役立つことがわかってきているのです。

「感染症を防ぐ」「悪い細菌の勢いを抑える」と聞くと、皆さんはどんな方法を思い浮かべますか?おそらく抗生剤をのんで細菌をやっつける方法を思い浮かべるのではないでしょうか。感染症に対抗するとき現在の医療でもっとも一般的に用いられているのがこの抗生物質を使った治療です。抗生物質は、いまや私たちにとってなくてはならない重要な薬です。医療の歴史はこの薬の誕生によって大きく進化し支えられてきたといっても過言ではありません。しかし一方で、抗生物質の使い過ぎは私たちにとって非常にリスキーだということもわかってきました。細菌をやっつけようと強い薬を使ったがために、細菌が生き残りをかけて変異し、抗生物質のきかない非常に強い細菌になってしまうことがあるからです。このような耐性菌の問題は院内感染などのニュースでもときどき取り上げられますね。じつは抗生物質で細菌をやっつけて病気を治す方法はプロバイオティクスとは対極にあり、アンチプロバイオティクスと呼ばれます。プロバイオティクスとは元々、からだによい作用をする細菌のことを言います。最近では身体によい細菌を使って、人が細菌とおだやかに共生し、そのことによってからだによい効果を生もうという方法そのものを指す言葉としても使われています。私たちの体の中にはたくさんの細菌(微生物)がすんでいます。腸には約1000兆個、口の中には約1000億個がいますが、こうした細菌たちは常在菌といって常に私たちとともにある細菌です。こうした細菌を敵に回すのではなく味方につけて身体のなかで育て、外から入ってくる有害な細菌やウイルスから守ったり、からだの中で悪玉菌が増殖するのを抑えます。

甘いものを控えて、歯磨きも頑張っているのになぜか虫歯が出来る、歯周病の治療をしても回復が遅く再発しやすい。その原因はお口の中で善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になって悪さをしているからかもしれません。そんな時はプロバイオティクスの力をかりて善玉菌と悪玉菌のバランスを改善しましょう。そしてもっとも大事なことは毎日欠かさず摂ることです。

**************************************************
奈良県葛城市 いまもと歯科クリニック
**************************************************

歯の豆知識の一覧に戻る

written by 今本 裕紀

新庄小学校卒業 四天王寺中学高校卒業 大阪大学歯学部卒業 地元である奈良県葛城市に 医)侑芽会 いまもと歯科クリニック開業 「心からの笑顔を」をテーマに、皆様に愛される歯科医院を目指します。 日本歯周病学会歯周病認定医 日本インプラント学会所属 日本顕微鏡学会所属

新着記事

カテゴリー