開院まで、それから。

  1. いまもと歯科クリニック
  2. 開院まで、それから。
  3. 歯の豆知識
  4. これってどうして 治療あとの痛みや違和感

これってどうして 治療あとの痛みや違和感

2022年5月30日

今回は虫歯治療の後にシミる、神経治療のあとに痛みがでる。こういった治療後の不安について説明していきます。

まず、虫歯を削って詰めたのにまだシミるという経験はありますか。実は、虫歯菌に感染した象牙質を取り除いて詰めるには、象牙質を通る細い神経の末端も一緒に削り取らざるを得ないのです。また、細菌が神経へと入り込んでいる場合、生体が炎症を抑え込むまで軽い違和感があります。様子を見ているうちに症状が消えてしまうことがほとんどです。できる限り神経を保存して歯を長く使い続けるには歯科医師といっしょにしばらく様子を見ていきましょう。

また神経を取る治療に関して、治療する前はたいして痛くなかったのに、神経を取る治療をはじめたら痛みと腫れが起き不安に感じたことがありませんか。じつは、どんなに腕のいい専門医が治療しても約3%起きるという発作的な炎症で、しっかりのよい治療をするほど起きやすく、歯科医師の悩みの種となっているんです。

細菌感染を起こしてして死んでしまった神経を取り除く治療中に起きがちなこうした痛みを「フレアアップ」と呼んでいます。

神経が死んでいると、たとえ歯の内部や歯根の先に膿がたまって深刻な状態になっていても炎症が慢性化し自覚症状がないという患者さんは以外に多いものです。治療がはじまり予期しない痛みに患者さんは不安になってしまいます。でも、安心してください。フレアアップは一時的な炎症で、治療が失敗したわけではありません。腐食した神経を取り除き詰め物をして歯を使い続けるには、歯根の先までしっかりと器具を通して掃除する必要があります。しかし、そのことは同時に炎症箇所を刺激することによって、フレッシュな酸素を根の先に送り込むことになります。根の先で炎症を慢性化させ静かにしていた菌は、器具の刺激と酸素によって一気に活気づきます。増殖し、膿とガスを出して周囲を強く圧迫するために激しい痛みと腫れを引きおこすのです。こうした時は、抗生剤を飲んでいただき、治療途中の仮のふたを外して膿を出すなどと応急処置をします。すると数日で痛みと腫れが引きグッと楽になります。急激な痛みで驚かれるでしょうが、しっかりと歯科医師が対応いたしますので、最後まで治療を受けましょう。

**************************************************
奈良県葛城市 いまもと歯科クリニック
**************************************************

歯の豆知識の一覧に戻る

written by 今本 裕紀

新庄小学校卒業 四天王寺中学高校卒業 大阪大学歯学部卒業 地元である奈良県葛城市に 医)侑芽会 いまもと歯科クリニック開業 「心からの笑顔を」をテーマに、皆様に愛される歯科医院を目指します。 日本歯周病学会歯周病認定医 日本インプラント学会所属 日本顕微鏡学会所属

新着記事

カテゴリー