開院まで、それから。

  1. いまもと歯科クリニック
  2. 開院まで、それから。
  3. 歯の豆知識
  4. 歯の中でかなめとなるのはどれ?

歯の中でかなめとなるのはどれ?

2021年9月20日

歯の中でかなめとなるのはどれ?

お口の中にある歯は、前な、奥歯その他大勢・・・ではないのです。歯は1本1本役割や個性があります・それぞれの役割があります。

その中でもかみ合わせの軸となる中切歯糸切り歯についてみていきましょう。

役割

食物をとらえ切り裂くための歯。前歯部を構成する歯の一つ。

永久歯の上の犬歯は10歳ごろから下の犬歯は9から10歳ごろから生え始める。

歯をかみ切るときやかみ砕くときに最後この歯だけで支えます。てこの原理で顎関節から程よく離れていて軸になる位置にいます。

さらに一番根がながくしっかりしています。

翼八重歯といわれるように歯のスペースがないとくちびる側に飛び出して生えてきたりしますが、歯並びをよくする際この歯は決して抜くことはしません。

この歯を軸に歯の並びを並べていきます。

乳歯にも乳犬歯という似た歯がありますね!

位置的には歯のアーチのちょうど曲がりが度にあります。なので磨きにくくこの歯から前歯⇒臼歯になるので歯周病のポケットも深くなりやすい場所ではあります。なので歯間ブラシや糸を駆使して磨きましょう。また1本のブラシでしっかり歯に沿わせることも大事です!

犬歯糸切り歯3番目の歯たくさん呼び方もあります。

この犬歯とても大事な役目を持っています!大切にしましょう。

 

奈良県葛城市 いまもと歯科クリニック

**************************************************
奈良県葛城市 いまもと歯科クリニック
**************************************************

歯の豆知識の一覧に戻る

written by 今本 裕紀

新庄小学校卒業 四天王寺中学高校卒業 大阪大学歯学部卒業 地元である奈良県葛城市に 医)侑芽会 いまもと歯科クリニック開業 「心からの笑顔を」をテーマに、皆様に愛される歯科医院を目指します。 日本歯周病学会歯周病認定医 日本インプラント学会所属 日本顕微鏡学会所属

新着記事

カテゴリー