開院まで、それから。

  1. いまもと歯科クリニック
  2. 開院まで、それから。
  3. 日々のこと
  4. 「便秘」こそデトックスの大敵です!

「便秘」こそデトックスの大敵です!

2020年6月17日

日本人の約30%(男性:20.4%、女性:38.8%)にみられる症状として「便秘」が あります。

便秘とは ?
腸管の蠕動運動が十分に行われないため、便が腸に長く留まり水分が抜け、便が硬くなる。 女性や高齢者に多く、水分や食物繊維の不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどが原因。
● 腸の腫瘍や炎症、閉塞などにより腸の通りが悪くなった場合に起こる ● 腸の長さや大きさの異常によって起こる場合もある
<機能的便秘> <機能的便秘> <機能的便秘>
<器質的便秘> <器質的便秘> <器質的便秘>
ビタミン・ミネラル
水溶性の食物繊維。 腸内細菌の栄養源と なり有用菌を増やす。
粘膜の健康維持、各器官の正常な働きや代謝、神経機能等を サポートすることで、便通の改善などの効果が期待できる。
●水 ●脂質(適度に) ●腸内で発酵する食品  (蜂蜜 ・豆類・イモ類等) ●有機酸を多く含む食品の摂取
腸の状態を整えることで便秘や 軟便などの症状の改善が期待 できる。
リンゴ、牛乳、ヨーグルト、 プルーン、梅干 等( (グアーガム 乳酸菌 ビフィズス菌
大腸の運動が低下するタイプ
ストレスや疲労などが原因で、大腸の蠕動運動に連続性が無くなり、 便がうまく運ばれないことでコロコロとした形状になるのが特徴。便秘と下痢を繰り返すことも多い。 大腸の過緊張により起こるタイプ
主に便意を習慣的に我慢することや、浣腸などの多用によって排便の反射が弱くなることが原因。 高齢者や寝たきりの人の他、羞恥などで便意を我慢する方に起こりやすい。 直腸に便が停滞することにより起こるタイプ
弛緩性
痙攣性
直腸性 (習慣性)
その他お勧めの食品
日本人の2/3がこのタイプです
※毎日排便が無くても、排便状態が良好で苦痛を感じない場合は便秘ではない
排便が順調に行われない状態 毎日排便があっても、残便感があったり、排便に苦痛を感じる場合は便秘

維・水分・脂質の不足「」低栄養「」ビタミン欠乏症」などが 主な要因と言われています。 機能的便秘は、生活習慣や精神的な要因の他に、 「食物繊維・水分・脂質の不足「」低栄養「」ビタミン欠乏症」などが 主な要因と言われています。 機能的便秘は、生活習慣や精神的な要因の他に、 「食物繊維・水分・脂質の不足「」低栄養「」ビタミン欠乏症」などが 主な要因と言われています。

 

 

**************************************************
奈良県葛城市 いまもと歯科クリニック
**************************************************

日々のことの一覧に戻る

written by 今本 裕紀

新庄小学校卒業 四天王寺中学高校卒業 大阪大学歯学部卒業 地元である奈良県葛城市に 医)侑芽会 いまもと歯科クリニック開業 「心からの笑顔を」をテーマに、皆様に愛される歯科医院を目指します。 日本歯周病学会歯周病認定医 日本インプラント学会所属 日本顕微鏡学会所属

新着記事

カテゴリー