開院まで、それから。

  1. いまもと歯科クリニック
  2. 開院まで、それから。
  3. 歯の豆知識

歯周組織、再生療法で救えるかも

2022年01月17日 更新

歯周病で骨がひどく減った歯を残したいと思いますよね。歯周病の原因は「細菌の塊」です。ポケットの奥のプラ-クや史跡が除去されれば炎症は治まります。しかしそれまでにしかし、それまでに歯のまわりの組織が大きく失われていると、歯を支えている骨が失われているせいでその後の歯の維持が難しくなるのです。このとき、歯を支える組織の再生を目的に行われるのが「歯周組織再生療法」です。特殊な再生材料など組織の失われた部分に入れて再生を促す治療法で、再生には時間がかかり組織の欠損状態によって向き不向きはありますがうまくいけば歯の寿命を伸ばせる可能性があるのです。
さて歯周組織再生療法の方法ですが、再生療法にはおもに、ジェル状の再生材料を用いる方式や、お口の中に他の場所から採取した骨を移植する方式、人工の骨補填材を用いる方法、薄い膜状の材料を用いる方式、それらを組み合わせる方式があります。比較的にシンプルな術式でつかわれる「エムドゲインゲル」(ジェル状の再生材料)を用いる方式を例に挙げます。
①プラークや歯石を除去し歯茎のはれが治まった状態に。
②歯茎を切り開いて歯の根を露出させてから除去しきれなかったプラークや歯石を内側からも徹底的に除去します。その後、再生材料が付着しやすいように歯の根の表面を処理してからエムドゲインゲルを塗布します。
③歯茎を元通りの位置に戻し縫合します。
④エムドゲインゲルの作用で、歯の根に残っていた組織を刺激して再生を促します。再生した骨は、2〜3年にかけて成熟していきます
以上のようにして再生療法は行われます。
骨の再生には後のメンテナンスも深く関わってきます。治療前後は特にタバコは治癒が悪くなるのでNGです。そして、継続的にクリ-ニングでプラ-クや歯石を除去しましょう。長く持たせるには継続的に歯科で見守ってもらうことが何より大切です。末永く健康な歯にしていきましょう。

                               

糖尿病の患者さんへ! ~全身疾患と歯科治療~

2022年01月10日 更新

血液中の血糖値が慢性的に上がってしまう生活習慣病の「糖尿病」。一見歯科とは関係なさそうですが、炎症が起きやすかったり傷が治りにくかったりするため、治療を受ける際にいくつか知っていただきたいことがあります。

 

糖尿病になると、免疫反応が低下して炎症が起きやすくなったり、血流が悪くなってしまいます。そのため歯科治療の中でも、特に抜歯、歯ぐきの手術などの外科処置をする際に、特別な配慮が必要になります。血糖値が高い場合、十分コントロールされるまで治療を延期しなければならない場合もあります。外科処置後の回復が遅いというのは、とう患者さんが多かれ少なかれ抱えているリスクです。そのため、患者さんの受けた治療や糖尿病の症状によっては、糖尿病でない患者さんよりも術後経過をきめ細かく見守らないといけません。傷がふさがらないと、出血が止まらない、感染を起こす、などの問題が起きやすくなります。万が一感染を起こして炎症が広がってしまうと食事をするのがつらくなるだけでなく、体調やその後の治療計画(ブリッジ、インプラント、部分入れ歯など)にも影響を与えかねません。

 

糖尿病の患者さんは歯周病になりやすいうえその進行も早く、治りにくいことが分かっています。また、近年では歯周病が糖尿病に悪影響を与えていること、そして歯周病の治療をすることが糖尿病の改善にも役立つことも明らかになってきています。普段から歯磨きを丁寧にし、歯科医院で定期的にクリーニングを受けるなど、歯周病の予防を心掛けていきましょう。

 

そもそもなぜ糖尿病だと歯周病になりやすいのか。それは血糖値のコントロールが上手く出来ていないと免疫細胞の働きが低下してしまうため感染への抵抗力が低くなってしまうのです。歯周病は細菌感染によって起こる病気なので糖尿病の方は特に注意が必要です。

 

つまり糖尿病の患者さんは歯周病にかかりやすく、炎症が広がりやすく、しかも治りにくいのです。気づいた時にはすでに悪化していて、「歯を失ってしまった」ということも少なくありません。放置せず、早めの治療を心掛けましょう。

歯の脱灰と再石灰化

2022年01月03日 更新

「脱灰」と「再石灰化」という言葉は、一般の患者さんにもなじみ深い言葉になってきましたね。脱灰は、虫歯菌のつくる酸などの作用により歯の成分が溶け出してしまうこと。再石灰化は、その溶け出した成分が歯に戻ることをいいます。

歯を構成する「エナメル質」や「象牙質」という言葉は知っている方も多いでしょう。歯の内部には神経と血管があり、そのまわりを象牙質が、またそのまわりをエナメル質が覆っています。でも、エナメル質や象牙質がどんな構造になっているかご存知でしょうか「ハイドロキシアパタイト」の結晶からできています。虫歯予防のキーワードである、歯が溶ける「脱灰」と「再石灰化」は、エナメル質や象牙質におこる内部構造の変化です。

エナメル質には、エナメル小柱が上下左右に規則正しく並んでいます。小柱は六角柱状と表現されることもありますが、実際にはかぎ穴または魚のような形をしています。小柱の内部はハイドロキシアパタイトの結晶が規則正しく並んでいます。一方象牙質は、コラーゲン線維とハイドロキシアパタイトの結晶の複合構造となっています。タンパク質でできたコラーゲン線維がスパゲッティのように複雑に重なり合い、その線維のまわりにハイドロキシアパタイトの結晶が付着しています。象牙質にぽっかり空いている穴は「象牙細管」歯髄から象牙質の中に延びる細い管で、象牙質全体に無数に存在します。

脱灰とは、細菌のつくる酸などにより、歯の成分が唾液中に溶け出してしまうことを言います。溶け出した成分は、ふつうは唾液の作用により時間をかけて歯の中に戻っていく(再石灰化)のですが、そのスピードはゆっくり。溶け出す量(脱灰)の方が多い状態が続くと、修復が間に合わず、やがては穴の開いた虫歯になります。

再石灰化は唾液に脱灰で溶け出た歯の成分(カルシウムやリン酸)が含まれており、唾液に溶け出た成分が歯の内部に戻って沈着することを言います。つまり歯が修復されます。虫歯予防に使われるフッ素には、その戻るスピードを速め、さらに結晶を強くする力があります。ちなみに、結晶は修復・再生されても、歯自体は健全な状態に元通りとはいかないことが多いです。ですから、脱灰が進まないようにしつつ、再石灰化を促すお口の環境を維持することが大切です。そのためには食生活の見直しとフッ素を用いたセルフケア、そして定期的な歯科受診が欠かせません。

歯の詰め物いろいろ図鑑

2021年12月27日 更新

歯の寿命に「大した影響はない」と思われがちな詰め物の治療。でも本当は、その歯の将来を左右するとても大事な治療だということをご存知ですか?

詰め物がより長持ちすれば、その分治療繰り返しが避けられます。そうすれば削られる歯質を減らすことができ、その歯の将来の健康に有利なのです。

~コンポジットレジン~

メリット:①歯を削る量が最小限で済む②詰めたところが目立たない③その日のう

ちに詰め物が入る④すり減りや欠けにリペアがきく⑤歯より柔らかいの

で周りの歯を傷めにくい

デメリット:①直接詰められないところがある②時間が経つと着色や変化しやすい

③咬耗しやすく強度が足りないことも④大きな詰め物には向かない

~金銀パラジウム合金~

メリット:①硬く強い噛む力にも耐久性がある②適用範囲が広くさまざまケースで使える

デメリット:①見た目が目立つ②詰め物を外れにくくするために余分に歯を削る必要がある③金属アレルギーの方には向かない

~セラミック~

メリット:①歯に近い色と透明感がある②汚れが付きにくく変色しにくい③かなり割れにくい④歯とほぼ同じ硬さなので周りの歯を傷めにくい⑤アレルギーの心配がない

デメリット:①割れることがある②偏った力がかからないように時々噛み合わせのチェックが必要③強度を確保するためには厚みが必要なので歯を深めに削る必要がある④治療には高度なテクニックが必要

~ハイブリットセラミック~

メリット:①詰めたところが目立たない②セラミックよりも安価③歯より柔らかいので

周りの歯を傷めにくい

デメリット:①時間が経つと着色や変化しやすい②咬耗しやすく強度が足りないことも

詰め物傷んでいませんか?

夜中に歯ぎしりをしたり、日中に噛みしめたりしていませんか?噛む力の強い方は詰め物の周りの歯の質が傷みやすく、詰め物が取れやすいのです。マウスガードを使うなどして対策を相談しましょう。

詰め物の経年変化は避けられずいつかは段差ができたり隙間ができてしまいます。

詰め物を長持ちさせるために定期的にメンテナンスに通って歯を守っていきましょう‼

体調悪い、、、パンや麺甘いものなど食べていませんか?

2021年12月24日 更新

体調悪い朝起きれないイライラする・・・などないでしょうか

砂糖や白米を食べすぎていると血糖値が急に上昇します。それに伴い私たちの体は恒常性と言って常にいろんなものを一定に保つ機能を持っておりますのでインスリンが大量に分泌され血糖値を下げようとします。急激な低血糖が起こります。めまいやイライラが起こるのです。この血糖値の不安定なことにより感情が不安定になります。自律神経が乱れるのです。

 

対策は?

白い砂糖は精製されています。すぐに血糖値を上昇させてしまいます。その点黒糖やヤシのココナッツミルクは繊維も豊富でミネラルもあり血糖値を急に上昇させません。

なので黒糖やココナッツミルクなどに変えましょう。

また白米もしかりです。麦が繊維質がとても豊富でミネラルが多く含まれています

リーキーガット症候群腸に穴あきアレルギーや体調不良に

グルテンいわゆるパン ラーメンクッキーなどの小麦粉などをよく食べてはいませんか?これらは腸の細胞に隙間を開けて未消化の成分が血流に流れてしまうのでアレルギーなどが起こります。

日本人は特にグルテンは体に合わないことがあります

対策は?

グルテンフリーの食事と腸にいいプロバイオティクスをとりましょう。麦もとても腸の細菌にいいのです、。腸は第2の脳といわれ自律神経系にもとても大事です。

RO水っていいのか?

いろんな成分が除かれているRO水・・・。実はから何入れると体の中のミネラルをすべてとっていかれ排泄してしまいます・・・。

こんなことが体にいい

ミネラルのバランスが崩れることがいろんな不定愁訴の始まりなのです。特に鉄亜鉛は大切です。あと腸活もとても大切です。電磁場もいろんなところに影響受けます。

縄文時代の人の生活に近いものがとてもいいそうです。運動も大切です。

あと胃薬で胃酸を抑えすぎていませんか?胃酸を抑えるとたんぱくが分解されなくて酵素が作られなくなり酵素反応が行われなくなります。代謝や細胞修復など様々なところに影響があります。

お雑魚や鰹節をしっかりとることがとてもいいそうです

CBDオイルもとてもいいです炎症や自律神経を整えるのにはとてもいいそうです!(いまもと歯科では医療専門のとてもいいものを扱っております。)

CBDオイル

 

 

いまもと歯科ではオリゴスキャンというミネラルを手のひらで計測するものがあります。「細胞ドック」をぜひ受けてみてください!

 

いまもと歯科クリニック

クリニック吉田の先生がとても詳しく教えてくださいました!もっと詳しくお聞きになりたい人はぜひクリニック吉田 へ。いつか当医院で吉田先生の講演をお願いしたいです!

見た目がよくなるだけじゃない!根面カバー

2021年12月20日 更新

根面カバーは露出した歯の根元を覆うことが可能です。今回は根面カバ-の見た目をよくするだけではない利点を紹介します。

歯はあごの骨(歯槽骨)とその上にある歯茎でささえられています。歯茎がさがって根面が露出しているというのはつまり、その部分では歯を支える組織がすくなくなっているということです。そこを移植した歯茎で覆って厚くするということは、見た目だけだはなくその歯をこれからながくもたせるという点でとても効果的です。というのは、覆うことで歯茎が厚くなった分、歯茎の抵抗性が高まるのです。第2に知覚過敏の抑制に繋がるとい点があります。歯茎が下がって象牙質がむき出しになると、知覚過敏の起こる可能性は高くなります。これは、歯の根面の象牙質には目に見えないパイプ状の穴が開いており、この穴から歯の神経へと外部からの刺激が伝わるのです。根面をカバーすることで象牙室の露出を減らすので結果として知覚過敏の抑制も期待できるのです。そして第三に、根面虫歯の予防という利点があります。

歯ぐきが下がるもともとの原因には歯の位置関係、歯茎やあごの骨が厚い・薄い、強い力での歯磨き、かむ力の激しさ、歯周病です。歯の位置関係ですがくちびる側に飛び出している歯は歯ぐきが薄くなります。強い力で長期間歯磨きすることでも歯ぐきは下がっていきますので優しくハミガキするようにしましょう。歯周病で歯ぐきが下がった場合は根面カバーの対象外になることもあります。象牙質は歯冠部を覆うエナメル質より酸に弱く、細菌の出す酸や飲食物の酸で溶けやすいのですが、移植した歯茎でカバーすることでそれらの影響を軽減できます。根面カバーの治療法ですが、根面カバーは部分的に下がってしまった歯茎に別の場所の歯茎を採取してきたり、隣の歯茎から移動さてきたりして、露出した根面を覆います。外科治療になりますので、治療終了までに来院回数や時間は少々かかります。下がった歯茎が気になっておられる方は一度ご相談にいらしてください。

 

だ液の力

2021年12月12日 更新

私たちのお口の中の「唾液」ほとんどの人にとって普段は意識しない、関心がもたないものでしょう。ですが、唾液はお口の健康を守るため日夜闘う働き者。おまけに全身の健康にも大きく影響しているのです。今回は唾液の働きについて詳しくみていきましょう。

当たり前のように私たちのお口に存在する唾液。実は意外な素顔をもっているのです。

唾液は透明なので、水分が姿を変えたものだと思っている方もいるかもしれませんが、唾液はもともと「血液」です。水分を摂取すると、胸骨や肋骨などにある骨髄で血液がつくられ、その血液が唾液腺にて唾液へとつくりかえられます。水を飲んでそれがすぐに唾液になるわけではなく、1回血液になってから唾液になります。健康な成人の場合、唾液は1日に約1,000~1,500ml入りのペットボトル2~3本分作られます。1日のうちでも唾液の出る量は変化していて、特に就寝時に低下します。唾液の分泌量は加齢とともに低下していく傾向があります。唾液が作られる唾液腺はお口の中に大小複数存在し、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3大唾液腺は特にたくさんの唾液をつくりだします。唾液の99%以上は水。ですが、残りの1%にさまざまな成分が含まれています。

私たちのお口の中ではさまざまなはたらきをしています。

唾液には、食べかすや細菌を洗い流して、お口を清潔に保つ自浄作用唾液が減り、口の中が汚れやすくなると細菌が繫殖しやすくなります。すると細菌の塊であるプラークが増えていき、虫歯や歯周病といったお口の病気になりやすくなってしまいます。唾液のねばねば成分であるムチンこれには潤滑油として粘膜を保護する作用があります。唾液が減るとお口の粘膜の潤いが足らず、傷ついて口内炎などになりやすくなります。お口の中はもともと中性ですが、飲食をするとお口の細菌のだす酸や飲食物の酸により酸性にかわり歯の成分が唾液中に溶け出していきます。溶けだした成分は時間をかけて唾液から歯に戻り、歯が再石灰化されます。また唾液中の糖タンパクは、歯の表面を保護する膜を作ります。お口の中にはおびただしい量の細菌が存在し、口は細菌の入り口とも言えます。唾液の自浄作用の抗菌作用で、虫歯菌や歯周病菌などの活動が抑制されます。

唾液にはお口だけでなく体にもいいことがたくさんあります。質の良い唾液をたくさんだすために大切なことは噛めるお口を維持することです。噛めない噛みづらいなのどお悩みがあれば早めに歯科医院に行きましょう。

 

インプラントのメンテナンス

2021年12月08日 更新

失った歯に代わる選択肢の一つであるインプラント。「よく噛める」「審美性が高い」と評判ではあるものの、「グラグラする」「抜けてしまった」というトラブルも存在します。インプラントを失う原因には、インプラントの”歯周病”である「インプラント周囲炎」や、過剰な噛む力が偏ってかかったことによるインプラントの脱落などがあります。こうしたトラブルを予防するには、歯科での定期的なメインテナンスと、高いレベルのセルフケアが欠かせません。インプラントをできるだけ長持ちさせるために大切なことを、一緒におさらいしましょう。

 

歯科ではインプラント治療を行なう際に、治療後もメインテナンス(定期検診)に欠かさず通っていただくようご説明しています。ですが、何年か経つうちに、「痛みがないから」「違和感がないから」と段々と足が向かなくなってしまう方も、残念ながら少なくないのです。実際、国民生活センターが行なった調査では、治療を受けた500人中4割弱の方が、途中でメインテナンスに通わなくなっているそうです。

インプラントは、噛むところから歯の根に当たる部分までが完全なる人工物です。なのでインプラント自体は細菌に強いです。しかし、インプラントが埋まっているまわりの歯ぐきは別で、天然歯と同じように、歯周病(インプラント周囲炎といいます)になる恐れがあります。また噛む力を受け止めるうちに、ネジが緩んだり人工歯が欠けたり、インプラント自体がダメージを受けていることもあります。

患者さんが異常を感じてから歯科へ来ていただいても、対応が難しいことが多く、悪くすればインプラントが抜けてしまうことにもなりかねません。健康のためにせっかくお金をかけて入れたインプラントなので、長持ちさせるためのメインテナンス(定期検診)をぜひ忘れないでいてほしいです。

 

インプラントのケアにはインプラント専用のグッズを使われることをおススメします。例えば歯磨き粉は、フッ素・研磨剤無配合のものを使用したり、歯間ブラシは軸が金属でないものをおススメします。どちらも当院で販売しているものなので、お気軽にお尋ねください。

 

根っこの治療を知りたい

2021年12月05日 更新

根っこの治療とは、根っこの奥深くに菌が入り込んで神経が膿んでしまったり、神経の通っている管の中が細菌で汚れてしまったとき、歯を救うための治療です。

針のような細い器具を使い、根気よく掃除をしていくのですが、たしかに患者さんにとって楽な治療とは言えません。治療後に違和感が出たり、強い痛みも出ることもしばしばです。

様々な困難を伴う根っこの治療ですが、治療が成功したときのメリットは大変大きいものです。

 

神経をとる基本の治療は、①細菌に感染した神経や膿をしっかり除去すること②神経が通っていた管をよく消毒すること③きれいにした管の中に新たな細菌が入らないように配慮し、がっちり封をすること、この3つです。

 

<治療前に知ってほしいこと>

①治療後の痛みや違和感は6~7割の方が経験します。

治療を受けるたびに起きる痛みや違和感はつらいでしょうが、実は珍しいことではなく

治療がうまくいっていても普通に起きる症状なのです。2~3日間過ぎるとだいぶ楽になります。(痛みのピークは48~72時間)1週間もすれば95%が治まっていきます

我慢できないような痛みではない場合は2~3日様子を見ることをお勧めします。

 

②痛みは我慢せずに薬は飲みましょう

強い痛みは我慢すると痛みに対する感覚が敏感になってしまって、痛み止めが効きにくくなります。痛みがない場合は飲む必要はありません。

 

③予約な日にちをあまり開けないで

根っこの治療は1週間に1回程度が理想です。治療の間隔は、長くあいたとしても4週間以内にしましょう。治療の感覚が1ヶ月以上も空くと封の隙間から細菌が入りこれまでの治療が無駄なってしまう事も。治療は間を開けずに治療しましょう。

 

④治療した歯では噛まないでください

根っこの治療後に食事する場合は、治療した側では噛まないようにしましょう。内部を

掃除中の歯は本格的な補強がされてないので、かむ力で割れてしまう事があるからです。

また噛んだ刺激が痛みを誘発してしまうこともあるからです。

 

根っこの治療は通院が大変であったり、痛みも出る場合がありますが成功すると

抜歯しなくても歯が残せます。そのため通院のご協力をお願いいたします。

  

ホワイトニング

2021年11月29日 更新

最近、コロナ対策にかかせないマスク生活の中ホワイトニングを始める方が増えています。そこでホワイトニングには2種類の方法があるのをご存知ですか?歯科医院によって方法やどちらかだけしかしていないところもありますがその2つを紹介します

1つはオフィスホワイトニングと2つめはホームホワイトニングです。どのような違いがるのでしょうか。

 

  • オフィスホワイトニング

薬剤が歯ぐきにつかないようにプロテクト剤を塗り、その後ホワイトニング剤を歯に塗って光を当てて漂白します。1度の来院でホワイトニングすることができ、場所によりますが、1~2時間ほどかかります。がその日に白くなったという実感がわかります。美容サロンなどではオフィスホワイトニングの方法が多いと思います。

<メリット>

・効果を即日実感できる

・美容院感覚でできる

<デメリット>

・ホームホワイトニングに比べてすぐ効果が出やすい分、後戻りがはやい

 

  • ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースのようなトレーを作るために上下の歯型をとります。その後出来上がったトレーにホワイトニングの薬剤を塗布し、30分~1時間(それ以上でも可)、寝ている間などに装着し1~2か月ほど続けます。患者さんが使いやすいようにオフィスホワイトニングと比べると緩やかに効いていくので、効果を実感するには少し時間がかかります。

<メリット>

・オフィスホワイトニングよりも後戻りしにくい

・好きな時にできる

・後戻りしてもこまめなタッチアップが可能

・オフィスホワイトニングより費用が安い

<デメリット>

・自分で薬剤を使うのが手間

・効果が出るのがゆっくり

・継続しないと効果が出ない

 

 

それに加え、美容サロンなどにもホワイトニングがありますがサロンとは違い、歯科では医療人しか使えない薬剤を使用しているので安全に効果が出ます。このように各メリットデメリットやがあるので自分に合った方法、期間で選択するといいとおもいます。

  • 次のページ

開院まで、それから。に戻る

written by 今本 裕紀

新庄小学校卒業 四天王寺中学高校卒業 大阪大学歯学部卒業 地元である奈良県葛城市に 医)侑芽会 いまもと歯科クリニック開業 「心からの笑顔を」をテーマに、皆様に愛される歯科医院を目指します。 日本歯周病学会歯周病認定医 日本インプラント学会所属 日本顕微鏡学会所属

新着記事

カテゴリー