開院まで、それから。

  1. いまもと歯科クリニック
  2. 開院まで、それから。
  3. 歯の豆知識

インプラントのメンテナンス

2021年12月08日 更新

失った歯に代わる選択肢の一つであるインプラント。「よく噛める」「審美性が高い」と評判ではあるものの、「グラグラする」「抜けてしまった」というトラブルも存在します。インプラントを失う原因には、インプラントの”歯周病”である「インプラント周囲炎」や、過剰な噛む力が偏ってかかったことによるインプラントの脱落などがあります。こうしたトラブルを予防するには、歯科での定期的なメインテナンスと、高いレベルのセルフケアが欠かせません。インプラントをできるだけ長持ちさせるために大切なことを、一緒におさらいしましょう。

 

歯科ではインプラント治療を行なう際に、治療後もメインテナンス(定期検診)に欠かさず通っていただくようご説明しています。ですが、何年か経つうちに、「痛みがないから」「違和感がないから」と段々と足が向かなくなってしまう方も、残念ながら少なくないのです。実際、国民生活センターが行なった調査では、治療を受けた500人中4割弱の方が、途中でメインテナンスに通わなくなっているそうです。

インプラントは、噛むところから歯の根に当たる部分までが完全なる人工物です。なのでインプラント自体は細菌に強いです。しかし、インプラントが埋まっているまわりの歯ぐきは別で、天然歯と同じように、歯周病(インプラント周囲炎といいます)になる恐れがあります。また噛む力を受け止めるうちに、ネジが緩んだり人工歯が欠けたり、インプラント自体がダメージを受けていることもあります。

患者さんが異常を感じてから歯科へ来ていただいても、対応が難しいことが多く、悪くすればインプラントが抜けてしまうことにもなりかねません。健康のためにせっかくお金をかけて入れたインプラントなので、長持ちさせるためのメインテナンス(定期検診)をぜひ忘れないでいてほしいです。

 

インプラントのケアにはインプラント専用のグッズを使われることをおススメします。例えば歯磨き粉は、フッ素・研磨剤無配合のものを使用したり、歯間ブラシは軸が金属でないものをおススメします。どちらも当院で販売しているものなので、お気軽にお尋ねください。

 

根っこの治療を知りたい

2021年12月05日 更新

根っこの治療とは、根っこの奥深くに菌が入り込んで神経が膿んでしまったり、神経の通っている管の中が細菌で汚れてしまったとき、歯を救うための治療です。

針のような細い器具を使い、根気よく掃除をしていくのですが、たしかに患者さんにとって楽な治療とは言えません。治療後に違和感が出たり、強い痛みも出ることもしばしばです。

様々な困難を伴う根っこの治療ですが、治療が成功したときのメリットは大変大きいものです。

 

神経をとる基本の治療は、①細菌に感染した神経や膿をしっかり除去すること②神経が通っていた管をよく消毒すること③きれいにした管の中に新たな細菌が入らないように配慮し、がっちり封をすること、この3つです。

 

<治療前に知ってほしいこと>

①治療後の痛みや違和感は6~7割の方が経験します。

治療を受けるたびに起きる痛みや違和感はつらいでしょうが、実は珍しいことではなく

治療がうまくいっていても普通に起きる症状なのです。2~3日間過ぎるとだいぶ楽になります。(痛みのピークは48~72時間)1週間もすれば95%が治まっていきます

我慢できないような痛みではない場合は2~3日様子を見ることをお勧めします。

 

②痛みは我慢せずに薬は飲みましょう

強い痛みは我慢すると痛みに対する感覚が敏感になってしまって、痛み止めが効きにくくなります。痛みがない場合は飲む必要はありません。

 

③予約な日にちをあまり開けないで

根っこの治療は1週間に1回程度が理想です。治療の間隔は、長くあいたとしても4週間以内にしましょう。治療の感覚が1ヶ月以上も空くと封の隙間から細菌が入りこれまでの治療が無駄なってしまう事も。治療は間を開けずに治療しましょう。

 

④治療した歯では噛まないでください

根っこの治療後に食事する場合は、治療した側では噛まないようにしましょう。内部を

掃除中の歯は本格的な補強がされてないので、かむ力で割れてしまう事があるからです。

また噛んだ刺激が痛みを誘発してしまうこともあるからです。

 

根っこの治療は通院が大変であったり、痛みも出る場合がありますが成功すると

抜歯しなくても歯が残せます。そのため通院のご協力をお願いいたします。

  

ホワイトニング

2021年11月29日 更新

最近、コロナ対策にかかせないマスク生活の中ホワイトニングを始める方が増えています。そこでホワイトニングには2種類の方法があるのをご存知ですか?歯科医院によって方法やどちらかだけしかしていないところもありますがその2つを紹介します

1つはオフィスホワイトニングと2つめはホームホワイトニングです。どのような違いがるのでしょうか。

 

  • オフィスホワイトニング

薬剤が歯ぐきにつかないようにプロテクト剤を塗り、その後ホワイトニング剤を歯に塗って光を当てて漂白します。1度の来院でホワイトニングすることができ、場所によりますが、1~2時間ほどかかります。がその日に白くなったという実感がわかります。美容サロンなどではオフィスホワイトニングの方法が多いと思います。

<メリット>

・効果を即日実感できる

・美容院感覚でできる

<デメリット>

・ホームホワイトニングに比べてすぐ効果が出やすい分、後戻りがはやい

 

  • ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースのようなトレーを作るために上下の歯型をとります。その後出来上がったトレーにホワイトニングの薬剤を塗布し、30分~1時間(それ以上でも可)、寝ている間などに装着し1~2か月ほど続けます。患者さんが使いやすいようにオフィスホワイトニングと比べると緩やかに効いていくので、効果を実感するには少し時間がかかります。

<メリット>

・オフィスホワイトニングよりも後戻りしにくい

・好きな時にできる

・後戻りしてもこまめなタッチアップが可能

・オフィスホワイトニングより費用が安い

<デメリット>

・自分で薬剤を使うのが手間

・効果が出るのがゆっくり

・継続しないと効果が出ない

 

 

それに加え、美容サロンなどにもホワイトニングがありますがサロンとは違い、歯科では医療人しか使えない薬剤を使用しているので安全に効果が出ます。このように各メリットデメリットやがあるので自分に合った方法、期間で選択するといいとおもいます。

水素吸引の効果について

2021年11月22日 更新

臨床試験の現状
小中規模の臨床試験が次々と行われている。
下記の図は、現在までに臨床試験の結果が報告された疾患や状
態です。
薬事承認に関しては、中国において、COPDを対象として治験が
行われ、水素/酸素ガス発生装置が2019年12月に医療器具とし
て薬事承認された。
その水素/酸素ガス発生装置を用いられ、中国では、水素/酸素
ガスを吸引させることが標準治療とされた。(日本医師会のホーム
ページにも記載されている。)
がんについては、引き続き臨床試験の結果が報告されている。
米国では、水素ガスの薬事承認に向かって第一相治験が終了し
ている

一般生活
✔自律神経調和 ✔疲労 ✔睡眠 ✔ストレス ✔不安
運動
✔疲労 ✔乳酸血 ✔持久力 ✔脈拍 ✔筋肉痛
神経変性症
✔軽度認知症 ✔アルツハイマー病 ✔パーキンソン病
代謝・メタボチ
✔糖尿病 ✔脂質代謝異常 ✔脂肪肝 ✔肝炎 ✔軽度肥満 ✔血流 ✔ミトコンドリア
がん
✔オプジーボ効果増強 ✔腫瘍縮小 ✔無僧悪生存期間 ✔放射線の副作用軽減がん
炎症症
✔COVID-19 ✔関節リウマチ ✔歯周病 ✔アトピー ✔筋炎
皮膚(美容)
✔乾皮症 ✔床ずれ ✔UV、しわ ✔にきび ✔保湿 ✔末梢血流
その他
✔血液透析 ✔COPD(タバコ病) ✔間質性膀胱炎 ✔B型肝炎 ✔白内障手術 ✔ドライアイ
虚血再灌流障害水素ガス吸入
✔脳梗塞 ✔心筋梗塞 ✔心肺停止蘇

インプラントのメンテナンス

2021年11月15日 更新

失った歯に代わる選択肢の一つであるインプラント。「よく噛める」「審美性が高い」と評判ではあるものの、「グラグラする」「抜けてしまった」というトラブルも存在します。インプラントを失う原因には、インプラントの”歯周病”である「インプラント周囲炎」や、過剰な噛む力が偏ってかかったことによるインプラントの脱落などがあります。こうしたトラブルを予防するには、歯科での定期的なメインテナンスと、高いレベルのセルフケアが欠かせません。インプラントをできるだけ長持ちさせるために大切なことを、一緒におさらいしましょう。

 

歯科ではインプラント治療を行なう際に、治療後もメインテナンス(定期検診)に欠かさず通っていただくようご説明しています。ですが、何年か経つうちに、「痛みがないから」「違和感がないから」と段々と足が向かなくなってしまう方も、残念ながら少なくないのです。実際、国民生活センターが行なった調査では、治療を受けた500人中4割弱の方が、途中でメインテナンスに通わなくなっているそうです。

インプラントは、噛むところから歯の根に当たる部分までが完全なる人工物です。なのでインプラント自体は細菌に強いです。しかし、インプラントが埋まっているまわりの歯ぐきは別で、天然歯と同じように、歯周病(インプラント周囲炎といいます)になる恐れがあります。また噛む力を受け止めるうちに、ネジが緩んだり人工歯が欠けたり、インプラント自体がダメージを受けていることもあります。

患者さんが異常を感じてから歯科へ来ていただいても、対応が難しいことが多く、悪くすればインプラントが抜けてしまうことにもなりかねません。健康のためにせっかくお金をかけて入れたインプラントなので、長持ちさせるためのメインテナンス(定期検診)をぜひ忘れないでいてほしいです。

 

インプラントのケアにはインプラント専用のグッズを使われることをおススメします。例えば歯磨き粉は、フッ素・研磨剤無配合のものを使用したり、歯間ブラシは軸が金属でないものをおススメします。どちらも当院で販売しているものなので、お気軽にお尋ねください。

痛くない治療のために~歯科麻酔を知ろう~

2021年11月09日 更新

痛くない治療のために~歯科麻酔を知ろう~

 

ちょこっと塗ってもらうだけで注射のちくっとする痛みが無くなってホッとしたことはありませんか?麻酔は、歯の治療をするときにかかるストレスをやさしくやわらげるたいせつな治療の一部です。痛くない治療により近づくために歯科の麻酔にはさまざまな工夫がこらされています。

 

局所麻酔は、限られた箇所だけに麻酔が効くようにする方法です。つまり、「全身麻酔」に対して、「局所」で効く麻酔のことです。治療への痛みをなくすことはもちろん、治療にまつわる精神的なストレスを軽減させることにもたいへん役立っています。現在の日本でもっとも広く使われている局所麻酔薬が一般化したのは、60年程も前のこと。歯科のあらゆる臨床場面で使われている、たいへん信頼性の高い薬品だといえるでしょう。

 

麻酔の歴史は全身麻酔から始まりました。局所麻酔が用いられるのは全身麻酔の臨床応用がはじまってから50年ものちのことになります。麻酔をからだの必要な箇所だけに効かせるという「局所麻酔」の発想は、当初はありませんでした。局所麻酔をするにはまず、注射が発明されることが必要だったからです。しかもからだの中に直接針で薬を注入したときに化膿しないように、消毒薬も必要でした。こうした器材や薬品が生み出されてはじめて、局所麻酔が可能になったというわけです。現在の局所麻酔には塗布する方法も含めて、用途や症例に応じて3種類の方法が使い分けられています。

 

1つ目は、表面麻酔です。注射は使わず、麻酔薬を歯ぐきや粘膜に塗ったり、吹き付けて行なう局所麻酔法です。

 

2つ目は、浸潤麻酔です。注射器を使って行なう麻酔で、治療を行なう場所の近くに麻酔薬を注入する方法です。

 

3つ目は、伝達麻酔です。浸潤麻酔より、さらにあごの奥の方まで打つ麻酔です。注射を行なうとグッと押されるような感覚があり、あごがドーンと重くなるような感覚になる麻酔は、この伝達麻酔です。

前歯がなくなったらどうする?

2021年11月01日 更新

もし急に前歯がダメになってしまって抜歯になってしまったらあなたならどうしますか?とても大ショックですがまたきれいな前歯に再建することが可能です。もちろんメリットばかりでなくリスクもありますがせっかくならきれいに治したいという方への方法としてインプラント治療かブリッジ治療、もしくはいればの3通りがあります。

 

  • インプラント治療:周囲の歯を傷つけることなく、審美性や噛んだ時の装着性でも1番優れている。しかし歯を支えているあごの骨量(歯槽骨)が治療のカギを握るので必要な場合は外科的な治療(再生療法)で骨を作る必要があるので、重い糖尿病などの持病がある方、外科的手術が嫌な方には向いていません。なのでしっかり歯がつくまでは最低半年~かかります。

そして家でのメンテナンスでは、フッ素配合の歯磨き粉はさびる原因になるので使用しないことと、金属の歯間ブラシはインプラントに当たると傷つくのでゴムの歯間ブラシや歯磨き粉も研磨剤配合されているものよりジェル状の方がよい。

 

  • ブリッジ治療:橋渡しの様に作るので両隣の支えるはを削る必要はあるが、患者様への不安はインプラント治療と比べると少ない。もし両隣が健康な歯(かぶせ物もしていない)だとすれば支える歯削らずに保存する方が絶対いいのでインプラントの方をお勧めします。

⇒自費だと保険のものよりより精密にかたどりができ、汚れがつきにくく綺麗にみえます

 

メタルボンド:金属にセラミックを焼き付けていて強度があり汚れにくいが天然歯のような光の透過性はない。食いしばりなど強い人におすすめ。

セラミック:十分な強度と主に天然歯と同様の光の透過性があり、より自然な仕上がりになる。費用は高い。審美性重視な人におすすめ。

 

  • いれば:両隣の削る量はブリッジよりすくなく、取り外しできるので清掃性がいい。しかし噛んだ時の装着性はほかのものと比べ劣るので慣れるのに時間がかかったり調整に時間がかかることがある。

矯正治療、いつから始める?

2021年10月26日 更新

最近の小学生は、虫歯よりも歯並びが気になる方が増えてきています。なので矯正を始める時期や方法、歯並びが良くなる生活習慣について考えてみましょう。

歯並びが悪くなる原因は、遺伝や進化の影響などの不可抗力の要因と、指しゃぶりや乳歯の虫歯といった生活習慣が引き起こすものそれらのミックスなどひとり一人で異なります。

・努力ではいかんともしがたい不正咬合の代表格に、骨格性の反対咬合(受け口)があります。多くは遺伝によるものですが、その場合は4,5歳から始める早期矯正が有効です。両親や血縁に反対咬合の人がいて、お子さんの乳歯の犬歯から犬歯までが深く噛みこむ受け口の場合、骨格性の反対咬合が疑われますから出来るだけ早くに矯正歯科に相談するとよいでしょう。下あごの骨の発育と身長が伸びる時期は一致するので、背が伸びると下あごも伸びます。だから伸長期である思春期前の早期矯正が有効なのです。

同じ反対咬合でも乳歯の前歯4本程度がそれほど強く噛みこまず、浅めに反対になっている時は永久歯に生え変わるまで観察することが多いです。

・おしゃぶりや指しゃぶりなどの習慣は、長期に渡ると将来矯正が必要な開咬(オープンバイト)や上顎前突などの原因になる可能性が高いので、止めさせる方と止める時期が将来を左右するといっても過言ではありません。また永久歯がでこぼこに生えてくる叢生(八重歯など)の原因も巷間言われるように最近の子供は噛まないからあごの骨が育たず、永久歯が並びきらないという画一的な理由ばかりとは限りません。進化の影響のほか、どのように噛むかとゆう噛み方の問題もからんでくるのです。その他、過蓋咬合や交叉咬合(クロスバイト)では、食事や就寝時の姿勢、テレビを見る方向など、家庭で予防できることも少なくありません。こういった知識を後から知ったとゆうことがないように、ベビー時代から子供の歯並びに関心をもって情報に触れておくことが大切です。

こんな薬の飲み方していませんか?

2021年10月19日 更新

こんな薬の飲み方してませんか?

 

1.牛乳と一緒に飲む

牛乳は胃酸を中和するため十分な効果が得られないことがある。

また、体内で薬の効果が発揮できないこともある。

2,水なしで飲む

水なしで薬を飲むと、喉や食道の粘膜に引っ掛かってしまうことがある。

そうなると粘膜に炎症が起きたり、薬が効き始めるのが遅くなる。

 

3.症状が治まってきたので薬をやめる

処方された薬の服用を中止すると、症状がぶり返すことがある。

一定期間きちんと飲まないと、効果が期待できないばかりか深刻な副作用が起こ

る恐れがある薬がある。

 

4,リラックスできるので寝そべって飲む

寝そべったまま飲むと、薬が胃まで届かないことがある。

食道で引っ掛かり炎症が起こることがあるので、薬を飲むときは上半身を起こしましょう。

 

5,効いていない気がするので倍の量を飲む

薬は効き目が最大限に、副作用が最小限になるようにできています。

薬の効き目は、症状の重さや体調にもよります。多めに飲むと副作用のリスク

は高まるものの、効き目が倍になるとは限りません。

6,晩酌の後に飲む

アルコールと飲み合わせが悪い薬はたくさんあります。薬を服用しているしてい

るときは、その前後にお酒は飲まないようにしましょう。薬によっては、アルコール

の影響で効き目が強くなり、吐き気や頭痛、さらに中毒症状や呼吸困難など引き起こ

すことがあります。

 

 

7.速く効きそうなのでかみ砕いて飲む

多くの錠剤はコーティングされています。苦みやにおいを抑えて飲みやすくするため、胃で溶けずに腸で溶けるようにするため、成分が少しずつ溶けだして効果を長く保つため、などの理由からです。かみ砕いたりカプセルを外して飲むと

十分な効果を得られないことがあります。

 

 

このように、薬の飲み方を間違えると、効きすぎたり効かなかったりするだけではなく、効果が変わった副作用を引き起こすこともあります。薬によって気を付けるポイントは異なりますので医師の指示に従って正しく服用しましょう。

噛めるお口で減らす糖と脂肪のおはなし

2021年10月18日 更新

〇食べ物の好み変わっていませんか?

奥歯をを失って「いつかちゃんとしなくちゃ」と思いながらも、いつの間にか慣れてしまい、ついつい先延ばしにしておられる患者さんをときどきお見受けします。でも、この「慣れ」こそ怖いのです。奥歯を失うと咀嚼機能が低下し、柔らかくて食べやすいもの、簡単に満足感を得られるものについつい手が伸びやすくなります。例えば、ラーメンやうどんなどの麺類は、よく噛まなくても食べやすい食べ物です。すすって流し込めるので、「噛めない」というストレスほとんど感じずにすみます。カレーライスも同様。手軽に満足感が得られます。

その結果、「しっかり食事をしている」という自己評価になりがちです。こうした噛めなくても食べられる食事は、カロリーオーバーを引き起こしやすい一方で、筋肉量の維持に必要な動物性タンパク質や、老化を防ぎ体調を整える抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが不足し、深刻な栄養不足を招きやすいのです。また、肥満にもつながりやすいのです。

〇食生活をチェックしましょう!

奥歯を失うと次第に食べなくなるものの代表が肉と野菜です。一日に推奨される必要な量の野菜は350グラム(一皿の野菜が70gとするとき5皿分)です。そして、お肉は適正体重と同じ量(例えば、体重50㎏ならば50グラムのタンパク質)が必要です。奥歯のない方は毎日この量を噛んで食べるのは、ほぼ不可能ではないかとおもいます。

ここでは、歯ごたえのある食べ物がどの程度まで食べられるのかを確認してみましょう。

上記の表で「4~6の食品が噛みにくい」という場合、糖質偏重食に陥りやすいお口になっているかもしれません。まずは自分の健康状態を見直してみてください。いつまでも健康な歯で硬いものもおいしく食べれるようにしていきましょう。また硬いものが食べにくいかた歯科治療で良く噛めるお口をとり戻して健康的な体に変えていきましょう!

  • 次のページ

開院まで、それから。に戻る

written by 今本 裕紀

新庄小学校卒業 四天王寺中学高校卒業 大阪大学歯学部卒業 地元である奈良県葛城市に 医)侑芽会 いまもと歯科クリニック開業 「心からの笑顔を」をテーマに、皆様に愛される歯科医院を目指します。 日本歯周病学会歯周病認定医 日本インプラント学会所属 日本顕微鏡学会所属

新着記事

カテゴリー