最近良くなるどころか悪くなりグラつき、噛むと痛い状態が続いています。

噛むと痛い状態が続いているのですね。

噛むと痛いとやはりお肉やお野菜がかめなくなりまたしっかりとかめないと消化できなくなり全身の健康状態にかかわってきたりします。

噛めないという状態を長くつづけるのはよくないかと思われます。詳しくはこちら「全身疾患との関連」をごらんくださいませ。

重度歯周病で治療されているということなのですがここで歯周病について説明させていただきます。

歯周病は歯を支えている骨が溶けていく病気です。原因は歯石や力のコントロールなどです。沈黙の病気といわれていて症状なく進んでいき噛めないうみが出るなどの症状が出てくる頃は重度のころといわれています。なので定期的にしっかり歯石取りが必要になり予防することが大切です。では進んでしまったらどうなるのか・・・。治療が必要となります。ゴールはその歯がしっかりかめてブラッシングして予後がいいとされている基準1出血しない2歯周ポケットが3ミリ以下3動揺がないとされています。そこまでもっていくには歯石とりではか無理な時は時には再生治療などの歯周外科を行う場合もございます。環境を整え残らない歯を残す最終手段です。それをも適応でない場合は抜歯ということが治療となることもございます。それは残すことで他の歯も悪化したり噛めないということを防ぐと判断した場合です。

そしてその治療が終わったらそれを保つために定期検診となります。メンテナンスです。今のお口の状態をしっかり検査診査して診断ししっかり説明させていただき相談し治療方法を決めていきます。その際 忙しいや体の状態などございますので積極的治療ができない場合もございます。その場合はゴールである1出血しない2歯周ポケットが3ミリ以下3動揺がないという基準を満たさないときでもその状態で何とかサポートしていくメンテナンスに移行する場合もございます。その際はゴールの基準に達していないので時にメンテナンスに移行していても腫れたり噛めなかったりとなる場合があります。

詳しくはこちらをご覧くださいませ「歯周病」

まずは検査から必要かと思われます。気軽にご相談くださいませ。