よくある質問

歯周病について

最近良くなるどころか悪くなりグラつき、噛むと痛い状態が続いています。

噛むと痛い状態が続いているのですね。

噛むと痛いとやはりお肉やお野菜がかめなくなりまたしっかりとかめないと消化できなくなり全身の健康状態にかかわってきたりします。

噛めないという状態を長くつづけるのはよくないかと思われます。詳しくはこちら「全身疾患との関連」をごらんくださいませ。

重度歯周病で治療されているということなのですがここで歯周病について説明させていただきます。

歯周病は歯を支えている骨が溶けていく病気です。原因は歯石や力のコントロールなどです。沈黙の病気といわれていて症状なく進んでいき噛めないうみが出るなどの症状が出てくる頃は重度のころといわれています。なので定期的にしっかり歯石取りが必要になり予防することが大切です。では進んでしまったらどうなるのか・・・。治療が必要となります。ゴールはその歯がしっかりかめてブラッシングして予後がいいとされている基準1出血しない2歯周ポケットが3ミリ以下3動揺がないとされています。そこまでもっていくには歯石とりではか無理な時は時には再生治療などの歯周外科を行う場合もございます。環境を整え残らない歯を残す最終手段です。それをも適応でない場合は抜歯ということが治療となることもございます。それは残すことで他の歯も悪化したり噛めないということを防ぐと判断した場合です。

そしてその治療が終わったらそれを保つために定期検診となります。メンテナンスです。今のお口の状態をしっかり検査診査して診断ししっかり説明させていただき相談し治療方法を決めていきます。その際 忙しいや体の状態などございますので積極的治療ができない場合もございます。その場合はゴールである1出血しない2歯周ポケットが3ミリ以下3動揺がないという基準を満たさないときでもその状態で何とかサポートしていくメンテナンスに移行する場合もございます。その際はゴールの基準に達していないので時にメンテナンスに移行していても腫れたり噛めなかったりとなる場合があります。

詳しくはこちらをご覧くださいませ「歯周病」

まずは検査から必要かと思われます。気軽にご相談くださいませ。

 

歯ぐきが下がってきた気がするけど、年齢のせいでしょうか?

年齢が直接的な原因ではありません。

歯ぐきが下がる原因は歯周病のほか、強すぎるブラッシングや歯ぎしり食いしばりなどの力などいろいろです。自分で判断せずに歯医者さんに相談して原因と解決予防を話し合いましょう。

歯周病についてお聞きしたいです。ジスロマックを使用した治療などありますか?定期検診について
1ジスロマックを用いた歯周治療はございますが当医院ではそれのみの治療というのは行ってはおりません。と言いますのも歯周病は歯石が原因で起こる病気です。その歯石をとることこそが歯周病の治療であると考えております。(当医院は歯周病を専門とさせていただいております)保険での治療を基本は行っております。
歯周病の治療の流れとしましては
「①検査(レントゲンやCT撮影、歯周ポケット検査ご希望がございましたら唾液検査)→コンサルで現状と治療の流れをお伝えさせていただきます→TBI(ブラシング指導)、歯石とり→再評価→コンサル」という流れでございます。症状やご希望によっては変わります。
2 1の流れでメンテナンスに移行できる状態になった時点で検診となります。検診ではお口全体のチェックや磨き残しなどのブラッシング指導歯石とり歯ぐきのマッサージフッ素塗布。エアーフロー(ジェットで根こそぎきれいにするもの)やリナメル(歯の表面をエナメルコーティング)がございます。一人一人の症状にあったものとなります。
またご不明な点等ございましたらご相談くださいませ。
歯周病って治りますか???

歯周病とは歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。一度溶けてしまった骨は元にもどることはございません。しかしそれ以上溶けないように予防することがとても大切ですし歯石取りをして歯肉の炎症を抑えることで歯周組織がしっかりしてきます。ですので治る→今起きてる炎症を抑える、これ以上進まないように予防するというところを目指しましょういまもと歯科は歯周病を専門として治療させていただいております。ご相談くださいませ。

おいしくごはんを食べたいのですが???

例えば歯を失ったら選択肢は

①いれば

②インプラント

③ブリッジ

歯周病

という選択肢がありますどれも歯を補うものなのですが(歯を失ったままにしているとほかの歯に負担がかかったりほかの歯が移動したりしてよくないですしかめなくなってきます)

この3つでかむ力は①は20%②は100%③は70%と言われています

いればは顎付きなので歯ぐきにある味覚細胞をふうさしますなみに味は1目で見て2かむ力で3味覚で 感じるとされています

しっかりかむことで唾液が分泌されうまみが出て感じられるのです。

ですのでおいしく食べるにはしっかりかめることが大切な一つなのです☆彡

自分の歯をしっかり守る歯周病の治療予防も大切ですね

口臭があるのですが???口の中がねばねばする

口臭の原因の一つに

歯周病・歯槽膿漏がございます

 

お口のケアは歯磨きだけではなかなか落ちない汚れが歯石となって歯ぐきの奥に潜んでいます。

3か月歯医者さんに行っていない!歯石とってもらってない!としたら

歯石は見えない気づいていないうちにたまってきて口臭の原因となっているときもあります。

 

口臭は自分では気づかないことも多くあります。

 

なのでしっかり歯石とりをしてお口を快適に保ちましょう。

 

それでも生理的な口臭はあります

 

 

寝起き・空腹時・緊張時

 

 

です

 

これらはすべてお口の乾燥を伴います。

 

そうなのでう唾液には抗菌作用があり唾液特にサラサラ唾液はとても大事です。

 

 

それでもきになるときこれらをも口臭0にしたい方は

また口臭の歯科専門のグッズもございます。

 

24時間無臭です。

これははぐの文化のあるアメリカで生まれたのですが口臭0にしたい方は是非お問い合わせくださいませ。

 

 

 

薬の副作用で歯ぐきははれたりしますか???

歯ぐきの腫れとお薬の関係

服用されていますお薬によっては副作用としまして歯ぐきの腫れがあるお薬がございます

 

代表的なものとしましては

❶高血圧のお薬の中の カルシウム拮抗薬

②てんかんのお薬

❸精神安定剤

 

 

ですこれらのお薬には歯肉はれを持っております

 

お医者さんと相談して違う種類のお薬に変えていただいてもいいかもしてません。

 

 

基本的にしっかり歯周病の治療をしていくことで根本的に解決が可能です。

 

まずは基本的にしっかり歯周病の治療をしましょう。

 

 

 

 

 

 

歯ぐきから血が出るのですが

【歯ぐきから血が出る原因】
・歯茎に炎症が起こっています

原因は
①磨き残しや歯石があり
疲れたりストレスで免疫反応が落ちているときにばい菌が勝ってしまいます

妊娠性のホルモンや思春期のホルモンの影響
ホルモンは歯周病菌が好みます

妊娠性歯肉炎や成長期にみられる歯肉炎がこのためです

③薬剤によるもの

高血圧やてんかん うつ病

などのお薬の副作用として歯肉増殖があります

この場合は医科の先生と相談しましょう

【原因を除去】

ブラッシング指導を受けましょう

歯石をとりましょう

奈良県葛城市いまもと歯科クリニック