歯周病って何?

どんな病気

歯周病のイメージ

歯石がついていることで何十年という長い年月をかけて歯を支えている骨をとかしていきます。一度溶けた骨は元には戻りません。
歯周病はじわじわと進行し自覚症状が出にくい病気です。悪くならないようにすることが大切です。

こんな症状ありませんか?

  • 口臭がある
  • 歯茎から血が出る
  • 口のなかがねばねばする
  • 歯ぐきがはれている
  • 歯が揺れる
  • かみにくい

歯周病だと

  • 糖尿病を悪化させます
  • 早産低体重児のリスクが上がります
  • 子宮疾患に関わりが高いです

歯周病を悪化させる原因

喫煙・かみ合わせがよくない・ストレスなどで歯周病を悪化させます。

自分の現状を知りたい!~検査

1.歯を支える骨の状態を知る

  • 歯周検査
    歯周病検査の図
  • レントゲン写真(大きいもの、詳しいもの)
    口腔内のレントゲン写真
  • 3D画像

2.歯ぐきの状態を知る

  • 口腔内写真・・角化歯肉の有無
    口腔内写真
  • 歯周検査出血の有無

どうやって治る?防げる?~治療

まず一度溶けた骨は元に戻りません。(軽度から中度の時は再生療法という治療法もあります)

  • 歯磨き指導

    ご自身にあった歯磨きの仕方をご指導させていただきます

  • 歯ぐきの上のほうの歯石取り※歯磨きでは歯石は取れません
  • 歯ぐきの下にひそんでいる歯石を根こそぎ取ります(6ブロックに分けて取ることが多いです)
  • 重度歯周病の方は歯ぐきを開けて歯石取りをしたり歯ぐきの再生治療などを行います

ゴール

ご自身でブラッシングできるお口の中になる

  • 歯周ポケットが3ミリ以下
  • 歯ぐきから出血していない
  • 歯の動揺がない

・・・これが理想ですが
ここまでの状態になることが難しいときは何とか今の状態で維持していくことが大切です。

歯石がつくと3か月で歯周組織をとかし始めます。
3か月ごとの検診(状態により1か月)の際に普段届かないところをきれいにしていきましょう。

自信のある笑顔・快適な食事をめざして!