インプラント

歯周・インプラント治療〜患者様から信頼をおける5つの取り組み〜歯周・インプラント〜患者様から信頼をおける5つの取り組み〜

しっかりとした技術

世界でトップレベルの先生方の元、日々勉強しております。

  • 歯周インプラント勉強会総会

    歯周インプラント勉強会総会

  • ドミニカサイナスリフトコース

    ドミニカサイナスリフトコース

  • JIPIサイナスリフトコース

    JIPIサイナスリフトコース

  • JIADS(日本一の歯周病スタディグループ)

    JIADS
    (日本一の歯周病スタディグループ)

立体的なCT画像診断

CT(三次元立体画像撮影装置)撮影の実施

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティーを高めることが可能となります。

医療において「見える」「見えない」は治療クオリティーに大きな差が出ます。ましてや外科手術を伴うインプラントにおいてはなおさらです。これまでのインプラント事故は、ドクターの未熟さが大きな原因を占めますが、CT撮影を行わず、あいまいな状態で(二次元レントゲンのみの診断)オペを遂行したことにより生じてしまった事故もあります。
インプラント手術においてCT撮影は必須です。CT撮影を行うか否かも医院を選ぶうえでの判断材料にしていただければと思います。当院では院内に被ばく量の少ないCT装置を設置しております。

CT(三次元立体画像撮影装置)CT(三次元立体画像撮影装置)撮影写真

シュミレーションソフトの活用

今までは歯ぐきを切開してみなければ分らなかった事が、このシュミレーションソフトを利用することで手術前にすべてが分かってしまうことが特徴的です。骨の厚さや神経、血管の位置などですね。これが事前に分かることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。どの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまで、どのサイズのインプラントを埋入するだとか、ここには神経、血管が走っているので避けてインプラントを埋入しようなどです。

以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。
しかし、シュミレーションソフトを活用することで、「経験や勘」といったあいまいなものに頼るのではなく、「データ」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上することになっています。

シュミレーションソフトイメージ

ガイデッドサージェリーシステム

ガイデットサージェーリとは、CTデータとシュミレーションソフトによる分析で得られた情報をもとに決定された、インプラントを埋め込む場所・角度・大きさ・長さなどの情報を反映させて作成されたマウスピースのようなものと理解いただければと思います。
実際の手術では、これをお口にはめ込み、穴が開いている部分にインプラント体を埋入するだけで、安全確実なオペが可能になります。つまり手術時の「人為的なミス」は一切なくなるということです。

ガイデットサージェーリ装着写真

もっと分かりやすくご説明します。
福岡から大阪まで行く事を考えてみましょう。 地図を見ながら車で行ったとします。 それでも迷ったりすることはどんなに熟練したドライバーでも起こりうる事です。残念ながらインプラント治療でも同じ事が言えます。それと比べ、新幹線で行くとしたらどうでしょう。既に決まったレールの上を進むだけですので迷う事はありませんよね。この「レール」をインプラントにも応用したのが「ガイデッドサージェリーシステム」です。
事前の分析で決定され作成された「穴」にインプラントを埋め込むだけでいいのです。
また、このシステムを利用することで手術時間の短縮につながるほか、骨の少ない難症例に対しても、骨増生なしで手術できるケースも多く、患者様の身体的、経済的負担の軽減に役立っております。

徹底した
滅菌オペ管理システム

衛生管理、感染予防体制は医療機関として当然の務めです。
当院では、滅菌、感染予防のためのマニュアルを構築し、誰が行っても高いレベルでの滅菌ができるよう体制を整えていますので、安心して治療に専念頂けます。
また、エプロン、紙コップ、グローブはすべて使い捨てのものを利用しています。

滅菌された器具

安心実績を持った
世界シェアの高い
インプラントシステム

インプラントとは人工の根です。
歯を失ったとき、治療法としてブリッジ・義歯・インプラントの3つがあります。
この時、かむ力がしっかりしていて残っている自分の歯を守る人工の根、それが「インプラント」なのです。

  • ブリッジ

    ブリッジ

    抜いた歯にかかる負担を両隣の歯が支えるため、両隣の歯の寿命が短くなることがあります。

  • 義歯

    義歯

    咬む力は元の歯の20~30%程度になります。自分の歯のように咬むことはできません。

  • インプラント

    インプラント

    自分の歯と同じように咬むことができ、他の歯に負担をかけることはありません。

カウンセリングの徹底
〜不安なく治療を受けて
頂くために

患者様の中には
「こんなこと質問したら気を悪くするかな・・・」
「こんな基本的なことを質問してもいいのかな・・・」
「何度も質問したら嫌がれるかな・・・」
などと思われる方もいらっしゃると思います。
そのようなことは一切気になさらないでください。
どのようなことでも納得されるまで何度も何度もご説明させて頂きます。
そして、治療に対する疑問だけでなく、「怖い」「恥ずかしい」などの感情も私たちにお伝えください。私達が目指す歯科医療は、患者様と悩みを共有し、歯の治療をして本当に良かったと思って頂くことです。
患者様の気持ちといつもご一緒していたい。
それが私たちの願いです。

カウンセリングの様子